電磁波測定 電磁波対策、電磁波過敏症 カイロスクウェア 電磁波名古屋 愛知県名古屋市
電磁波測定サービス 全国電磁波測定士協会





What is DENJIHA?

www.denjihanagoya.com

電磁波 = 電場 + 磁場 の波(周波数)

電磁波とは、「電場(電界)」と「磁場(磁界)」と「周波数」をひとつにした言葉です。


電界と磁界が直角になり、電磁波が進んでいく
電場と磁場のしくみとは?
「Electro magnetic」の画像検索結果

電磁波とは、「電場」と「磁場」の波のこと。

一般に電磁波とは、電気が流れるときに発生する「電場」と「磁場」がお互いに絡み合いながら、波を描いて進む電気の流れ
のことを言います。
 

電気のある所には、必ず電磁波が発生しています。 

電磁波は「波」というだけあって、波の大きさ(高さ)、波の長さ(波長)によってその作用が大きく変わります。

この波は「周波数」によって区別されます。

周波数とは一秒間に振動する回数のことで、単位は
Hz(ヘルツ)を使います。 

一般家庭やオフィスのコンセントから家電製品を経由して発生している電磁波は、一秒間に50回(50Hz)もしくは60
60Hz)振動する「極低周波電磁波」というものになります。

ここで「電場」「磁場」について、もう少し詳しく説明します。 

まず「電場」は、電圧の大きさに比例して発生し、どんなものでも材質に関わらず伝播し帯電します。

電気は高い所から低いところに流れる性質があり、なかでも電位の低い身体の表面に集まってきます。

発生してしまった「電場」を抑えるには、アースをとり、外に「電場」を逃がすのが一番確実な方法です。
 

しかし、日本の住宅やオフィスにはアース端子付きのコンセントが、設置されている場所が限定されています。

発生した「電場」をアースして逃そうとしても、その手段がありません。
 

一方「磁場」は、電流の大きさに比例して発生し、からだの細胞レベルまで到達します。

しかし一定の距離を離れると急激に減衰していきます。

ただし、コンクリートを貫通するほどの力ですから、近くにいると防ぎようがありません。


電場と磁場

家電製品を使うとき、「電場」はコンセントに電源プラグを差し込んだ時点で発生しますが、「磁場」はスイッチをオンにするまで発生しません。

電源をオフにしても、コンセントが入っていれば電磁波の「電場」は発生しています。

電気のある所には、必ず「電磁波」が発生します。


電場は、電圧が掛かると発生します。磁場は、電流が流れると発生します。
身の周りの家電製品  家庭は電磁波でいっぱい?



電磁波(高周波)を可視化すると・・・。こんな風に見られます!




Wifiと携帯との可視化



携帯基地局からの電磁波(高周波)を可視化 in NewYork

携帯電波を可視化したもので、ニューヨークシティでは建物の上に多数の携帯基地局があり、これにより多くのエリアをカバーしています。
それぞれのビルの屋上には携帯基地局が・・・。

またその下に見えるセル方式の基地局では、基地局がカバーするエリア(セル)を正六角形としてエリアを作っています。

複数の基地局を設置することで正六角形を敷き詰めるようにエリアをカバーしている様子が良くわかります。


磁界(磁場)



身体への影響とは?
電磁波は、どのように人体に影響するのでしょうか?

人間に限らず全ての動物の体内には微弱な電気信号(生体電流)が流れ、体内のあらゆる器官や組織を動かしています。

私たちは自然電気の状態が平行を保っていれば健康なのですが、何らかの原因で電圧が下がると、病気などのトラブルが生じると言われます。

この電気エネルギーのバランスを崩すのが「電磁波による影響」なのです。

現在、
WHOをはじめ、国内外の研究機関が、具体的にどのような影響があるかを調査しています。

そして化学物質過敏症や慢性疲労症候群との関連性についても、少しずつ解明されてきています。

電磁波過敏症かも?


電磁波過敏症とは?

最近では、生活環境の変化や大気汚染、食生活も含め、電磁波も体調の変調をきたす原因の一つではないかと考えられています。

微弱な電磁波を浴びただけで、頭痛や吐き気を感じるのが『電磁波過敏症』です。

アメリカの医学者によって命名された病名で、初めは目や皮膚、神経に症状が現れ、呼吸困難や動悸、めまい、また疲労感や
うつ、手足のしびれなどが起こる人もいます。

また、怠けていると思われてしまう『慢性疲労症候群』のほか、『化学物質過敏症』なども電磁波との関連があるのではないかと
考えられています。

今や国民の3人に1人とも言われているアレルギー疾患も、電磁波を含め複合的な要因から増えているのではないかと考えられています。

私たちの身の回りの電化製品は、増える傾向にあります。

電気の使用量は、戦後伸び続けて、この40年間で6倍になったと言われています。

自宅の中を見渡しても、テレビ、エアコン、炊飯器、電子レンジ、パソコン、携帯、スマホ、タブレットなど様々です。

電気は生活に欠かせないものとなっています。

電気を否定することは、出来ませんが、そうした電気とうまく付き合うことが出来ているのでしょうか?

世界的にも問題視されている電磁波障害、またその研究が専門家や医療関係者によって解明されてきています。。

電磁波は、目に見えないけど健康に関係してくるもの。

空気清浄器で室内の空気環境を改善することが当たり前のように、考えたいのが室内における電磁波の問題。

健康な暮らしをご提案する中で、日本が抱える電磁波による健康被害の可能性も取り除いていきます。

電磁波測定士(1級)資格取得者が、電磁波の測定(有料)を行い、家電製品との上手な付き合い方もアドバイスさせて頂きます。


こんな時はないですか?

「なんだか最近身体の調子が良くない」

「気持ちの浮き沈みが激しい」

「慢性的に身体が疲れる」

「寝ても疲れが取れない」

「むくみ、肌荒れが改善しない」

etc

そんな理由がはっきりしない不調、カラダの自然治癒力の低下が原因かも・・・。

人の身体の細胞ひとつひとつは、微弱な電流によって動き、脳からの指令を伝えています。

でも微弱だからこそ、ストレスや加齢、外的要因により電流が乱され、脳からの指令がうまく伝わらない事も。

自然治癒力の低下は、この体内を維持する電流「生体電流」の乱れが要因と考えられています。

※感覚には個人差があります。すべての症状が電磁波過敏症とは限りません。








| 電磁波測定サービス |  一般社団法人 電磁波協会  | 電磁波名古屋 |
http://www.chirosquare.com

米国式整体カイロスクウェア TEL052-221-8466

愛知県名古屋市中区錦2-19-21 広小路TNビル6F